Crow Tearsリンク


このブログをリンクに追加する

プロフィール

杜若 シズ

Author:杜若 シズ
杜若シズ(かきつばたシズ)
主に東方描いてます。

聴覚障害3級。左右とも90dB代。
補聴器付けると大抵の音は聞こえるので話し声は静かな所だと7割くらい理解できます。
手話はまだ下手。日常会話なら出来る位。

座右の銘は「井の中の蛙大海を知らず。されど空の深さは知る事が出来る。」
「貴方の言うことには何一つ賛成できない。しかし、貴方にそれを言う権利があるということは私はこの命を懸けてでも守ってみせる」(ヴォルテール)

shizukaki


返信は記事にてします。多分。

カウンター提供:こころは桜色~Reiraのフリー素材~様
カウント:since 06'02'11~

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

Crow' Tears
サークルCaakieHouse情報の連絡用ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「人間の運命に関わる問題で人間の能力を超えたものは一つもない。」──ジョン・F・ケネディ
彼女はドンレミーの村の、罪のない人々に及ぶ危害を恐れたのである。何とかしてその災難を逃れる術がないか、真剣に考えたのである。このような、近い将来に必ず来る破局を予想した人は、彼女以外にも多数あったに違いない。けれども、一体どうしたらその困難に立ち向かうことができるだろう。一同大いに悩んだことと思う。しかしその回避の道はどこにも見いだせなかった。一所懸命、神に祈りを捧げた者もあったであろう。敵の来る前に、そっと村を逃げ出そうと考えた者もあったであろう。だが村全体が安泰である方法はどこにも見いだせなかった。ただ座して待つより他ないこの破滅を、いかに耐え抜くか――それが、まだ十三歳にしかならない少女ジャンヌ・ダルクに、重くのしかかる課題であった。
――ジャンヌ・ダルクと蓮如(大谷鴨順)(岩波新書)


続きを読む
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。